銀ロウ付け、アルミロウ付け、ステンレスの溶接お任せ下さい。パイプや棒の曲げ、真鍮・銅・アルミなどの溶接、加工、メッキ、塗装までトータル対応。

佐藤製作所の強み

①銀ロウ付け、アルミロウ付け、はんだ付けの技術力

②金属のパイプ曲げ、棒曲げ

③一括受注対応
(材料調達、部品加工、ろう付け・溶接、気密漏れ試験、メッキ、塗装)

④技術伝承・お取引の継続性

 

①銀ロウ付け、アルミのロウ付け、はんだ付けの技術力

弊社の1番の強みは、高い銀ロウ付けの技術力です。それに付随して、アルミのロウ付けや、真鍮・銅の半田付け技術も強みの一つです。銀ロウ付けに関しては、加工難易度が高い製品、微小部品、高品質品、など多様なご要望に応えてきました。

新規品のお問い合わせも数多く頂いており、その都度品質要求を満たすべく、最適な治具を社内で製作しております。最近では、アルミのロウ付け品のお問い合わせも多く、弊社としてもさらなる技術力向上に日々努めております。

また、社内に多様な機械設備があることで、銀ろう付け・はんだ付け後に外観を仕上げることも可能です。溶接後の酸洗いや、リークテスト(気密試験)等にも対応させていただいております。気密試験用(空気漏れ確認)の治具も製作することが可能です。付けて終わりではなく、ロウ付けの品質保証まで対応させて頂いております。

 

  銀ロウ付け製品の一例:銅とステンレス :ステンレス)

 

②金属のパイプ曲げ、棒曲げ(多品種小ロット向け)

社内にパイプベンダー(曲げる機械)、ベンディングマシンの設備があり、小径のパイプ曲げや棒曲げ加工を行うことが出来ます。パイプ曲げやステンレス棒の曲げのお問い合わせを多く頂いております。

さらに、弊社では旋盤やフライスといった機械加工設備も保持しているため、曲げたパイプや棒にネジ切り加工をしたり、溝や段を付けることも可能です。もちろん、曲げたパイプや棒に、他の部品を銀ロウ付け・はんだ付けすることが可能です。これを社内で全て一括加工することが出来ます。

※大きな外径のパイプや棒の場合、対応不可のケースもございますのでお問い合わせ下さい。

 

  金属パイプ・棒曲げ製品の一例:ステンレス ネジ切り :真鍮 穴あけ)

 

③一括受注(材料調達、部品加工、ろう付け・溶接、気密漏れ試験、メッキ、塗装)

有難い事に、弊社は銀ロウ付けのお問い合わせを多く頂いております。その際、ロー付けする部品を御支給して頂くこともあります。しかし弊社は、元々金属加工を得意としている会社のため、当然部品加工も社内で行うことが出来ます。

当然、材料の調達から、加工後の表面処理(メッキ、パルコート、3価クロメート、パッシベート、磁気焼鈍、黒染めなど)、塗装、仮組立、まで全てを取りまとめることが可能です。

全てを一括で請け負うことで、責任の所在が明確になり、注文側の手間も省け、完成までのリードタイムも短縮出来ます。特に、ロウ付けを行う会社で、全てを一括で請け負うことが出来る会社が少なくなっている為、弊社は今後も一括受注対応に力を入れていきます。

  一括加工の一例:部品加工、ロウ付け、メッキ :板金加工、はんだ付け、仕上げ)

 

④技術伝承・お取引の継続性

弊社はここ数年、新人の採用・教育に注力しております。今後は、さらに力を入れて技術伝承に取り組みます。近年、新人の採用・教育に力を入れた結果として、社内の平均年齢も下がり、若手の割合も増えてきました。

背景としては、高い技術力を持った職人の方々が軒並み高齢化している現状があります。弊社の強み、会社の存在価値は、高い技術力であることに疑いはありません。その点をお客様に認めて頂き、結果これまで61年間事業を継続できております。

その技術力を若手にきちんと継承することで、今後もお客様に安心して高品質な製品をお届けすることが出来ます。お客様に今後も安心してお取引頂けるよう、かつベテラン職人の方々の想い・技術をきちんと継承し安心して御引退して頂けるよう、社員一丸となって技術伝承に努めます。

 

  銀ロウ付け技術の伝承

PAGETOP
Copyright © 株式会社佐藤製作所 All Rights Reserved.