手前味噌ですが弊社は来年創業60周年を迎えます。

 

社歴が長いことで、信用などの良いイメージがある一方

設備の老朽化といったマイナスの面があることも事実です。

 

特に、町工場などは汚い、油まみれ、空気が悪い、というような

悪いイメージが浸透していると思います。

 

 

弊社は今後、若手の採用と教育に力を入れていくことを掲げ

次世代の「銀ろう付け はんだ付け」職人を排出します。

 

その目的を達成するために、若者にとって魅力的な会社になるべく老朽化した溶接場の設備を

改修する必要があると判断し、その一歩を踏み出しました。

 

良い職場環境は品質や技術力、気持ちにも良い影響を与えるはずです。

Google Chrome

 

換気扇まわりや壁などを工事屋さんがチェックしに来られました。

 

 

S__426034

 

打ち合わせ中も黙々とろう付け作業を続ける職人たち。

この記事を書いた人

佐藤 修哉
1986年生まれ
慶応義塾大学理工学部電子工学部を卒業後、大学院に進学
卒業後IT企業を経て、祖父が創業した佐藤製作所に入社