出張ロウ付け訪問工事

概要

対応地域全国
交通費実費をご請求いたします
作業の流れ現場視察(必要であれば)→機材準備・搬入など→施工→検収→お支払い
人数最少人数2名〜最大人数5名
費用内訳(視察費+)施工費+実費(材料費+宿泊費+交通費)
※施工をご依頼頂いた場合は、視察費は「全額返金」いたします
ご用意頂くものアセチレンガスボンベ、酸素(無ければ弊社から搬入いたします)
注意事項雨天の場合、施工が延期になる可能性がございます
対象企業設備、大学設備、研究機関、プラント、文化財、インフラ設備、橋、道路、オブジェ、など

作業内容一覧

作業内容一覧事例

  • 亀裂の修理
  • パイプの突き合わせ接合
  • 水漏れ修理
  • 空気エアー漏れ修理
  • 穴の補修
  • パイプの切断と密封
  • パイプの延長
  • ネジの溶接固定
  • 異種金属接着
  • 外観ミガキ仕上げ

対応可能な素材一覧

  • 銅、真鍮
  • 鉄、ステンレス
  • アルミ、ジュラルミン
  • パーマロイ
  • コバール
  • タングステン
  • 超硬
  • 砲金
  • 純銀
  • 上記素材を含む異なる素材での異種接合

作業の流れ

お問い合わせ・事前打ち合わせ

電話及び写真による検討用お見積りの提出。
まずはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォームに写真を添付してお問い合わせ頂けると助かります。(※3枚まで)

お見積もり

検討用予算承認後、必要なら現場調査による最終お見積りの提出をいたします。
※事前現場視察をご要望の場合は実費をご請求いたしますが、その後施工を行う事になった場合、視察費用は全額返金させていただきます。

日程調整

ご相談の上、施工予定日を設定いたします。

ロウ付け施工

天候などによってスケジュール、作業日数が変動する場合がございます。

検査

仕上がりを確認していただきます。
※耐圧検査、超音波検査、なども対応可能。

お支払い

請求書を郵送いたしますので、指定の銀行口座(三井住友銀行)にお振り込み頂きます。
ご希望の場合は電子データ(PDF)での送付にも対応いたします。
※振込手数料はご負担願います。

施工事例

液化窒素タンクの銅配管@三重四日市(2021年5月)
折れた銅パイプの銀ロウ付け補修
化学プラント設備内にある液化窒素タンクの折れてしまった銅パイプを取り外し、新規に製作した銅パイプを銀ロウ付けで接合補修しました。


【お問い合わせ→完了までのスケジュールイメージ】

①お問い合わせ
②破損部材のご郵送→佐藤製作所にて現物確認
③佐藤製作所にてパーツ複製し、作業可能か検証ロウ付け
④完成した試作部材をご依頼先に納品し、検品
⑤検査合格
⑥施工日程の調整
⑦日程確定
⑧佐藤製作所にて搬入品準備
⑨施工日前日に佐藤製作所から3名前泊
⑩施工日早朝より客先で3名安全講習を受講
ロウ付け修理作業開始
⑫約1日で施工完了
⑬翌日リーク試験、超音波検査に立ち会い同席
⑭検収

①~⑭まで約1か月ほど
排気ガスタンクのステンレス配管@東京多摩地区(2020年11月)
ステンレスパイプの老朽化によるガス漏れ修理
航空機部品メーカー工場内にある、ステンレス配管が老朽化によってガス漏れしていました。該当箇所を丁寧にミガキ、仕上げた後に銀ロウで穴埋め修理しました。


【お問い合わせ→完了までのスケジュールイメージ】

①お問い合わせ
②電話、画像で状況確認
③佐藤製作所から2名訪問現場視察
④施工可否確認
⑤佐藤製作所から正式お見積り提出
⑥施工日程調整
⑦日程確定
⑧当日AMに佐藤製作所から現場へ直行
ロウ付け修理施工
⑩想定外要因により1日で完了せず翌日再訪問
⑪翌日AMに佐藤製作所から現場へ直行
ロウ付け修理完了
⑬エアリーク気密試験合格
⑭検収

①~⑭まで約2週間ほど

施工事例ギャラリー

お申し込みはこちら

まずはお気軽にご相談ください。
お電話でもお待ちしております。