ロウ付け・セラミックの接合・ヒートシンク・シールドケース・アルミのロウ付け・パイプ曲げ・リーク検査・部品加工まで一貫対応

【動画】弊社の強み 若手職人による手作業の銀ロウ付け、はんだ付け

【事業1】
①バーナーで行う手作業の 
銀ロウ付け・はんだ付け・アルミのロウ付け・アルミのはんだ付け
②真空炉で行う
真空ロウ付け・セラミックのロウ付け・セラミックと金属の接合・アルミナのロウ付け・パーマロイのロウ付け

【事業2】
銅・真鍮・アルミ・ステンレス・タングステン・銀・砲金の部品加工
パイプ曲げ、旋盤、フライス、板金、カシメ、スポット溶接、機械加工

【事業3】
気密試験・リークテスト・耐圧試験まで社内対応
メッキ処理、塗装、組み立て、購入品の追加工といった2次加工対応

弊社は創業63期目の金属を加工する会社です。
【銀ロウ付け】【はんだ付け】を技術の軸とし、銅・真鍮、アルミ、ステンレスの多品種小ロット加工を得意としております。

板金加工、旋盤、切削(フライス)、パイプ曲げ、といった部品加工も社内で行っており、部品加工だけのご依頼も数多く頂いております。強みとしては、部品加工から、ロウ付け・はんだ付けリーク試験・耐圧試験、メッキ処理、塗装、組み立て、までを一貫して対応出来る事です。

それによって、加工ごとに業者を分ける手間、品質や納期を管理する手間などの目に見えないコストを大きくカットすることが出来ます。また問題になりがちな、不測の事態についての対応も弊社で一貫して行いますので、問題の原因究明と再発防止が明確になります。品質と納期管理が安定するので助かると、お客様からは有難いお言葉を頂いております。

特に検査体制には力を入れており、ロウ付けの品質保証である【リーク試験】【耐圧試験】【気密検査】までを行っております。ロウ付け品の検査証明書の提出も可能で、品質要求が高い製品には必ず添付するようにしております。気密性の高い加工技術が必要な製品例としては、アルミと銅を接合したヒートシンク放熱器があり、宇宙事業やスパコン向けなど様々なお客様からのご依頼を頂いております。弊社のアルミと銅の高品質なはんだ付け技術が肝となっています。

また最近では、【セラミックの接合】【セラミックのロウ付け】についての技術開発に尽力しております。ジルコニア・アルミナといったセラミックとSTAVAXという鋼材のロウ付け実績もあり(セラミックと金属の接合)、今後は様々な種類のセラミックと異種金属の接合を行えるよう研究中です。さらに、磁性合金であるPCパーマロイといった高機能材のロウ付けを行い、高品質な磁気シールドケースの製作などにもチャレンジしております。

工場が都内の目黒区にある事が特徴の一つで、東急東横線の学芸大学駅から徒歩5分の場所です。アクセスが良い為、都内に会社や営業所があるメーカー様からは打ち合わせや加工相談に良く来ていただいております。

弊社製造スタッフも同席することが出来る為、仕事がスムーズに進むというお言葉を頂いております。また、商店街内に工場がある為、弊社で働く社員の方々も安心して通勤出来る、お店も多くランチや買い物にも困らないというメリットもあるようです。

今ある技術力を永続的に維持・成長させていくために若手の採用や教育にも会社全体で取り組んでおり、またそれに伴い皆が働きやすい会社にするよう尽力しております。

三代目日記

「やってみよう」「やりましょう」

  安定した経営を継続していく為には、常に新しいチャレンジや変化が必要だと思います。 そう思う理由は、社外環境が常に変化し続けているからというシンプルなものです。 ここでいう新しいチャレンジとは、「新しい仕事を生み出す」 …

2019インターンシップ総括

「日本一の女性銀ロウ付け職人を育てる」   先週末の打ち上げにて、2019年度の夏季インターンシップが無事終了しました。 都立高専3名、神奈川工科大学4名、湘南工科大学1名 計8名もの学生が積極的に参加してくれて、本当に …

私が採用や人材育成に力を入れる理由と、それをする上で大切だと思っている事②

教育を行う上で大切だと思っている事。 私は「人材教育」を、会社の中で最も重要な任務の一つとしています。 極端に言ってしまえば、会社は永続する「教育機関」であるとも思っています。 その理由はシンプルで、会社の価値や仕事の質 …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社佐藤製作所 All Rights Reserved.