佐藤製作所には、金属の加工をするための一通りの機械が置かれています。社内にある設備を利用し、職人が作ったオリジナル品が、実は結構日常で役に立っていることが多いので、それらの一部を紹介していきたいと思います。

食器棚ストッパー

S__885411

 

一度大きな地震の時に食器棚の扉が開いてしまい、食器が割れて危ない経験をしたのをきっかけに、職人がこっそり製作しました。

S__885412

開くとこんな感じです。簡易的なつくりですが、機能性は抜群です。

 

S__885413

 

取っ手部分も社内で作りました。金属部分は全て自社オリジナルです。最初に私が見たときは、この状態で売っているものだと思っておりました。

このように、日常生活が便利になるアイデア品が何気なく転がっているのですが、職人方はそれをこっそり作っていることが多いです。色々な工場を細かく見学すると何か面白い発見があるかもしれません。

この記事を書いた人

佐藤 修哉
1986年生まれ
慶応義塾大学理工学部電子工学部を卒業後、大学院に進学
卒業後IT企業を経て、祖父が創業した佐藤製作所に入社